給与計算ソフトを活用

  • 給与計算ソフトのマイナンバー対応

    • 2016年1月より社会保障・税番号制度、通称マイナンバー制度が導入されます。

      医療 データーベースをわかりやすく説明しています。

      従業員を1人でも雇い入れている事業所では、制度対応に向けた準備が必要となりますが、ソフトを用いて給与計算を行っている場合は、現在使用中の給与計算ソフトが制度に対応しているものか確認が不可欠です。



      給与計算ソフトを使用している場合は、同時に税に関する手続きや情報管理も同時に行っている場合が多いでしょう。



      毎月の源泉所得税額の自動計算や、年末調整における作業にもソフトの利用は大変便利で確実なものですが、お使いのソフトがマイナンバーに対応するためのバージョンアップを予定しているのか、またその場合はかかる費用などについても予め確認しておきましょう。

      飲食店 売上について紹介しています。

      端末上に個人番号が保存されることはマイナンバー制度に求められている高いセキュリティに関して不安があるという場合は、クラウド上でデータを管理するという方法もあります。



      クラウドによるデータ管理においては万が一の情報流出に対して利用者が運営会社に責任を問えるという点から、運営側は非常に徹底したセキュリティ対策をとっているため安心して利用できるメリットがあります。

      http://okwave.jp/qa/q8020445.html

      同時に給与計算が行えるものや、個人番号のみを保管できるものなど各社さまざまなサービスを提供する予定で、順次商品内容が発表されている状況ですから、従業員の数や、マイナンバー管理担当者や責任者が使用しやすいものなどを考慮した上で選ぶと良いでしょう。

      https://4meee.com/articles/view/111094

      http://girlschannel.net/topics/763812/

  • 関連リンク